未分類

現役トレーナーが教える!ジムで筋トレしても理想の体にならない理由。2インターバルについて

インターバル(休憩時間)

ジムでよく見かける、筋トレ初心者の方で、特に機になるのがインターバル(休憩時間)の管理です。
極端に短い人もいれば、逆に休みすぎている人もいます。
これも目的によってインターバルの長さが変わってくるので、しっかり管理してあげることによって、さらに効率が上がります。
減量身体の引き締め目的の筋トレで、理想的なインターバルは、30秒~45秒と短めが良いでしょう。
それは、インターバルを短い時間にすることで、筋肉が回復し切る前に次のセットを重ねるため、筋トレの強度が高くなるからです。
さらに、短いインターバルは心肺機能も鍛えられるため、有酸素運動の効果も得られることから、減量身体の引き締めにはもってこいの時間なのです!
筋肥大を求める場合のインターバルは60秒~90秒と言われています。
また、筋肥大には、インターバルを短くするだけでなく、筋肉をより刺激するのに十分な重さの重量を扱う必要があります。
筋肉を休ませすぎず、重たい重量を持ち上げるために必要な筋力の回復が必要なため、減量、身体の引き締めよりも少し長めになっております。
また筋肉の成長に必要な「テストステロン」や「成長ホルモン」は30秒~90秒のインターバルを設けると、分泌が高まると言われています。

関連記事