コラム

筋肉が発達するための3つのポイント

筋肉が発達するためのポイントは3つ!

まずは、筋肉を大きくするメカニズムを簡単に説明します。

①運動(筋トレ)によって、筋繊維が傷つけられる
自分に合った適度な筋トレを行うことで、筋肉が損傷し、筋肉痛を引き起こします。これが筋肉が傷つけられた状態です。

しかし、筋肉痛は筋損傷した一つの目安にはなりますが、必ずしも筋肉痛を引き起こさなければならない訳ではありません。
あくまで一つの目安として筋トレを行いましょう

②食事(栄養補給)によって、傷ついた筋肉を修復する材料を摂り入れる
筋トレで損傷した筋肉を修復するためには、多くのエネルギーが必要です。

エネルギーが足りなくなると、筋肉の材料となるタンパク質などがエネルギーとして利用されるため、
せっかくの筋トレも効果が薄くなってしまいます。
これを防ぐため、エネルギー源となる糖質や脂質を摂取することが大切です。
同時に、筋肉の材料となるタンパク質を摂取することで筋肉の生成がスムーズに行われるのです。

筋トレ後はこれらの栄養素に着目し、食事を摂取してみましょう。
食事からの摂取が難しい場合はプロテインなどの栄養補助食品で摂取するのも一つの手です。

■プロテイン
■ゼリープロテインなど

③成長ホルモンの分泌(休養・睡眠)が、筋肉の修復をサポートする
筋トレ後に休憩すること、しっかりと睡眠をとることで成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンが筋肉の修復と合成をサポートすると考えられているのです。
休息や睡眠も筋トレのサイクルの一環として考えることが重要なのです。

以上のように、筋力トレーニングの効果を発揮させる場合は、食事と休養もトレーニングの一環として考える必要があります。

引用:MORINAGA

関連記事