コラム

緊急性・モチベーションが高い人は「週3回以上」のパーソナルトレーニングがお勧め

緊急性・モチベーションが高い人は「週3回以上」の頻度がおすすめ
高頻度で通うことのメリット、そして注意点はどこにあるのでしょうか?
高頻度のパーソナルトレーニングで、ボディメイク効果をさらに高められる週2回のパーソナルトレーニングでは、
「2回とも全身をくまなくトレーニングする」「上半身と下半身のトレーニングをそれぞれ1回ずつ行う」など、
いくつかのパターンでトレーニングすることが可能です。
しかし、週3回以上ならさらに細かく、みなさんのニーズに合わせたトレーニングが可能となります。
「週2回のパーソナルトレーニングはハードな筋トレをしたい!
でも残りの1回は、ストレッチをメインにカラダのメンテナンスをしてほしい」
「週4回のパーソナルトレーニングにして、胸や背中、お尻や下半身などピンポイントのトレーニングの密度をあげたい!」
こうした細かいリクエストにも、高頻度のトレーニングは応えられるようになります。
フィットネスクラブに通うトレーニング上級者は、週に5日ジムへ通い、
肩や腕、胸、背中、お腹周りなど部分別にみっちりトレーニングをします。
パーソナルトレーニングでそれをするわけですから、ボディメイクの効果はさらに高めることができるでしょう。

※高頻度トレーニングは、プロの指導がないと失敗しやすい
高頻度トレーニングのデメリットは、「1人でやると失敗しやすい」ということ。
週3、4、5回とジムに通うことで、確かにトレーニングの量を高めることはできるかもしれません。
しかし、毎日通っているうちにトレーニングに慣れてしまい、無意識に手を抜いてしまうことが多いんです。
トレーニングは量だけでなく質も大切。1人だけだと、質を維持するのはとても大変です。
また、むやみにトレーニング頻度を上げたばかりに、休養とのバランスを崩してしまうこともあります。
筋肉が合成より分解に傾いてしまえば、せっかくのトレーニングも水の泡。
パーソナルトレーニングなら、トレーナーがしっかりトレーニングの質を保ちつつ、休養も念頭に置いたプログラムを作成してくれます。
運動初心者で「何としてもやせたい!」「もっと動けるようになりたい!」と考えている人ほど、
パーソナルトレーニングに通う方が効率的なんです。

引用 ダイエットコンシェルジュより

関連記事